読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MR認定試験対策.com

MR認定試験の受験者に向けた対策情報をまとめたブログです

MRの転勤には法則がある?【8通りの答え】

今回は転勤について書いてみたいと思います。

新人のMRさん達はおおよそ9月には配属先が決まり、新天地へと旅立っていきます。

皆さんの人生にとって大きな意味をもつ転勤。

これがどのように決まっているか、気になりませんか?

 

結論から言いますと、勤務地がどう決まっているかはだれにもわかりません。

私の知っているうわさレベルでよろしければこの先もお付き合いください。

大手企業の元人事部の方から聞いた話を基に推察していきます。

あくまで推察ですのであしからず。

 

以下8つにまとめてみました。

 一つずつ見ていきましょう。

  • 1)ランダム
  • 2)本人の希望
  •  3)やめるやめる人事
  • 4)カップル離し、その逆
  • 5)適材適所
  • 6)コネ
  • 7)報復人事
  • 8)ローン返済人事
  • まとめ

1)ランダム

文字通りです。

ランダムに適当に決めているというやり方です。

新人の人事に関してはこれが最も多いと考えられます。

あんたの勝手な想像だろと言われたらそれまでなんですが、人事部の立場になって逆算して考えてみましょう。

 

MRの皆さんは9月には配属している、つまり8月には人事は決定し、受け入れ先の所属長の承認を得ている必要があります。またそのための資料が8月中にまとまっている必要があるうえ、当然それ以前に人事部内でもまとまっていないといけません。

 そのことを考えると7月末時点で資料は出揃っていると考えるべきでしょう。

 

つまり人事部にとって新人の情報は4-7月の4ヶ月分しかないんです。

もっというと4月の半ばから本格的に研修は始まりますし、その直後はゴールデンウイークがありますから正味は3ヶ月程度でしょう。

そのたった3ヶ月で果たしてその人材の能力を測れるでしょうか。

個性は見えてくる頃でしょうが、能力を見極めることは難しいはずです。

内定時点の資料も参考程度にしかなりませんしね。

 

この背景を鑑みて、新人の評価にそれほど大きな差がつくと思いますか?

 

つかないですよね。

 

新人の配置においてランダムに決めることになにか問題がありますか?

 

ないんですよ。

 

 

人事部はランダムに選ぶことになんの躊躇もないです。

あみだくじだったり、ダーツだったりなんてうわさを聞いたことがあります。

通常はコンピュータに選ばせて、少し微調整というやり方が主流でしょうけどね。

ご納得いただけましたか?

ただあくまで私の考えですから、完全には鵜呑みにしないでくださいね。

2)本人の希望

人事部も鬼ではありません。適性があって能力が客観的に認められていて、事情も考慮できるとなれば本人の希望が通ることもあります

 

ただ、その「客観的に認められていて」という部分がとても重要です。

 

要するに誰が見ても彼、あるいは彼女は適任であると認めざるを得ないほど優秀であれば本人の希望が叶うこともあります。

しかし、それは新人には中々当てはまりません。数年間の努力と能力が評価され、まぐれでなく蓄積された評価の上に初めて成り立つものですから。

なので1)ランダムの項で説明した通り、たった3、4ヶ月の間ではこういった優秀さを見極めることは困難ですから希望通りになることは難しいわけですね。

つまり裏を返せば、新人研修中に優秀さをちゃんとアピールできれば、希望通りになるということでしょうね。

 3)やめるやめる人事

なんだそれ、という感じですよね。造語です。失礼しました。

意味を説明します。

 

「やめるやめる人事」とは、実際にはやめる気はないのに「○○に異動させてくれないならやめます」、といって上司を揺さぶることです。

実はこれ、意外とやる人多いです

 

正直これはかなり悪質だと思います。後で出てくる7)報復人事もまた悪質ですが、個人的にはこれが一番キライです。

今の企業がどうかはわかりませんが、ちょっと前は部下がやめると上司の評価が下がるケースがありました。マネジメント不足を理由にです。

それを逆手にとって、やめてほしくなければ自分のために都合のいいところへ異動させろ、という乱暴なやり方です。

能力評価もなにもあったものではありません(大抵能力の低い人がやるんですがね。)。

最近はそういった人をいいようにさせないために、かといって本当にやめたい人がやめられるように、退職理由の精査や、パワハラセクハラがなかったかを正確に把握するようにヒアリングの機会の創出、第3者機関の存在を介入させるなど状況は変わっていっています。

ただ、どれだけきちんと管理していても、人が足りない環境ではやめると言った人の立場のほうが強くなってしまうので、こういった事例を完全に失くすことは難しいかもしれませんね。

4)カップル離し、その逆

これまた耳慣れない言葉だと思います。また造語です。

 

カップル離しとは、新人研修中にできたカップル同士の配属地を遠くにするという人事です。

 

知っての通り、MRの新人研修は半年近くと長いです。若い男女が寝食を共にするわけですから、カップルが生まれることもあるでしょう。

仮に人事部に付き合っていることがバレたとします。

 

すると、どうなるか。

 

なんとそれぞれの配属地が遠く離されてしまうんです。

強制遠距離恋愛です。

 

私は実際にされたカップルを何組か見ました。もしかしたら1)ランダムが偶然重なっただけかもしれませんが、そのとき別のカップルは、明るみに出なかったからか隣の県に配属になったのです。カップルが近いところに配属になることの弊害は色々ありそうですからね。

同じ会社で同じ職種ですから、良い影響も悪い影響もある。なにもなければその影響はありませんから、不確定要素を少なくするのがいいと考えるでしょう。これは新人の場合です。

(ちょっとだけざまあm・・・冗談です)

 

続きを読む

MR認定試験「医薬概論」のおすすめ参考書について

MR認定試験の1教科である医薬概論は、薬剤師の免許取得者特例でも必須受験科目となっています。今回は薬剤師免許取得者が医薬概論単科目だけでも勉強できる、おすすめの参考書を紹介します。

医薬概論について 

医薬概論は、医薬品情報を支える一般知識に位置づけられる科目です。医薬概論という名の通り、医療に関する制度やMRが持つべき倫理について問われます。MRテキストの目次をベースに科目の要点を記載します。

●MRと倫理
●医薬品概論
●法規
●医療関連制度
●PMS( Post Marketing Surveillance)

受験者による試験科目の例外について

3科目の受験が原則ですが、医師、歯科医師、薬剤師は資格を確認することで「医薬品情報」「疾病と治療」の試験を免除することができます。

新規受験者で有資格者は、受験申請をする前に有資格免許証のコピーをMR認定センターまで郵便で発送するようにしましょう。

医学概論のおすすめ参考書

MR認定試験の多くの参考書は全教科の過去問をまとめていることが多く、医薬概論のみ受験する場合は、不便な構成となっています。

そこでおすすめする参考書は、「MR認定試験 完全攻略 2016 問題集 医薬概論」です。この参考書は領域別での問題集となっています。つまり、受験科目のみ勉強することができるのです。

 過去問+予想問題が網羅されている参考書

MR認定試験 完全攻略 2016には、過去問3年分はもちろん収載。さらにMR認定試験で唯一模擬試験を作っている薬ゼミが作成しているため、予想問題が豊富に掲載されています。

医薬概論の単科目のみ受験される場合は、MRテキスト「医薬概論」とこの参考書1冊のみで合格することができると思います。

12月のMR認定試験が近づいてきました。研修の合間の時間を使って、勉強を始めましょう。

 

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.