読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MR認定試験対策.com

MR認定試験の受験者に向けた対策情報をまとめたブログです

MR認定試験のゴロ、覚え方-医薬品情報

不活化ワクチンのゴロ、覚え方

逃げるは恥だが役に立つ 逃:日本脳炎 げ る:インフルエンザ は は:破傷風 じ:ジフテリア だが 役に:百日咳 立つ:不活化 ※生ワクチンはそれ以外と覚える

GERとGFRのゴロ、覚え方

胃ガ―!(胃GER!) GER(胃内容排出速度)→胃ガー!(胃GER!) GFR(糸球体ろ過量)のFはフィルターのFなので、ろ過

乳濁性注射剤のゴロ、覚え方

乳濁性注射剤→乳(ちち)は血(ち)と仲良し 懸濁性注射剤は脊髄腔内も血管内も投与不可 乳濁性注射剤は脊髄腔内は投与不可、血管は投与可能

カプセルの大きさのゴロ、覚え方

000号→おおおきい! (5号最小~000号最大)

Wilcoxon検定は中央値を使うのゴロ、覚え方

ちゅうおうィルコクソン Wilcoxon検定は中央値の差の有無を検定⇒中央値・・・ウィルコクソン・・・⇒ちゅうおうち・・ウィルコクソン・・⇒ちゅうおうィルコクソン!

タキフィラキシーを起こす薬、起こさない薬のゴロ、覚え方

直接作用型の交感神経興奮様薬 ⇒タキフィラキシー起こさない 例)ノルアドレナリン、アドレナリン、イソプレナリン⇒語尾が「レナリン」なら直接作用型! 間接的に交感神経興奮様作用を示す薬物 ⇒タキフィラキシー起こす例)エフェドリン⇒語尾が「レナリン」…

非競合的拮抗(薬力学的相互作用)する医薬品のゴロ、覚え方

ひきょうなベンザにのるアル ひきょうな:非競合的拮抗ベンザに :フェノキシベンザミンのる :ノルアドレナリンアル :α受容体

競合的拮抗(薬力学的相互作用)する医薬品のゴロ、覚え方

ドラミちゃんヒステリー ドラミちゃん:ジフェンヒドラミンヒステリ :ヒスタミンー :H1受容体

酵素誘導する医薬品のゴロ、覚え方

カーとフェリーで誘導せん カーと:カルバマゼピンフェ :フェノバルビタール、フェニトインリーで:リファンピシン誘導 :酵素誘導せん :セントジョーンズワート

キレート形成するゴロ、覚え方

キレイな手にピース キレイな:金属とキレート手 :テトラサイクリンに :ニューキノロンピース :ビスホスホネート

難溶性の薬剤のゴロ、覚え方

じっくり溶ける じっ:ジギタリス製剤くり:グリセオフルビン溶ける

胃内で分解されやすい薬物のゴロ、覚え方

胃酸ドパドパでくろうする 胃酸 :胃酸で分解ドパドパで:ドパミンくろうする:クロルプロマジン※消化管運動の変化で相互作用

緊急安全性情報が出された医薬品のゴロ、覚え方

エジソン不便か エ :エダラポンジ :急性腎不全ソン不 :フルタミド便 :ベンズブロマロンか :劇症肝炎 ゲフィチニブ ゲフィチニブ→ゲフッ…ゲフッ(咳)→間質性肺炎、急性肺障害 チクロピジン 血液障害→血栓性血小板減少性紫斑病→無顆粒球症 オラッ!食え食…

腎不全の指標のゴロ、覚え方

尿いっぱいくれ! 尿 :血清尿素窒素値いっぱい:血中濃度上昇くれ! :血清クレアチニン値

治療係数(安全域)の式のゴロ、覚え方

LEDの順番 治療係数(安全域)=LD50/ED50→LED

Gs、Giタンパク質とアデニル酸シクラーゼの作用のゴロ、覚え方

それぞれの末語でイメージ Gs:so:そくしん⇒アデニル酸シクラーゼ活性化 Gi:inhibit(抑制)⇒アデニル酸シクラーゼ抑制

GABA(A)受容体の陰イオン性のゴロ、覚え方

覚え方連想イメージ GABA(A)受容体⇒GABA入りチョコレート⇒ストレスを和らげる⇒細胞の興奮性を低下させる⇒陰イオンを通す

ニコチン性アセチルコリン受容体のゴロ、覚え方

ニコニコ陽気な陽イオン ニコニコ⇒陽気⇒陽イオンを通す⇒細胞の興奮性を高める ※ニコチン性アセチルコリン受容体は、イオンチャネル内蔵型受容体の陽イオン型である。

滑沢剤のゴロ、覚え方

スラスラ滑らか ス :ステアリン酸マグネシウムラ :ラウリル硫酸ナトリウムスラ 滑らか:滑沢剤

眼軟膏剤の粒子径のゴロ、覚え方

眼は「まなこ」 眼(まなこ):75μm以下

水溶性軟膏基剤(マクロゴール)のゴロ、覚え方

睡魔 睡:水溶性軟膏基剤魔:マクロゴール

懸濁性注射剤のゴロ、覚え方

けんちゃん欠席無しでいこう けんちゃん:懸濁性注射剤欠席無しで:血管内、脊髄腔内に投与できないいこう :150μm以下

乳濁性注射剤のゴロ、覚え方

なっちゃん入籍できない なっちゃん:7μm以下入 :乳濁性注射剤籍 :脊髄腔内できない :投与できない

開発業務受託機関(CRO)のゴロ、覚え方

企業は苦労し薬を開発 企業は :製薬企業の治験業務を受託苦労し :CRO薬を開発:開発業務受託機関

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.