読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MR認定試験対策.com

MR認定試験の受験者に向けた対策情報をまとめたブログです

【会社別に】MR認定試験対策問題集【比較してみた】

MR認定試験対策問題集 比較表 (※価格はamazon調べ)

 今回は、MR認定試験の対策に使う問題集についてまとめてみました。

MR認定試験対策の問題集を出版している業者はそんなに多くなく、ほとんどの受講生がこの2つのどちらかを使っています。

 

f:id:MRcom:20170216153633p:plain

 

ためになったのは薬ゼミ問題集

どちらも使った身からしますと、わたしは薬ゼミ問題集のほうがよかったです。

結局、両社とも買っちゃったんですが(TAC→薬ゼミの順)。

解説の丁寧さと、テキストとの親和性が高かったことが安心につながりました。

 

 

 

 項目別に比較してみました。

 

価格

価格はTACのほうが安いです。

薬ゼミは4冊ですから、すべてそろえると1万円を越えます。

ですがたとえば薬剤師免許をもっていると、医薬品情報と疾病と治療の2科目は免除になりますから医薬概論の1冊だけ買えば済みます。

そういう意味では薬ゼミの方が安く済みます。

 

問題、問題数、掲載順序、テキスト参照ページ

 

問題に関しては大きく違います。

 

まず、TACは過去問のみです。

しかし丸4年分ですので傾向と対策をつかむのに最適です。

掲載順序は、過去問の問番号どおりにならんでます。

(イメージ:第20回(1、2、・・・80問)、第21回(1、2、・・・80問))

 

 

 

一方、薬ゼミは過去問が3年分載ってます。

それ以外にオリジナル問題がたくさんあります。

掲載順序は、範囲別になってます。

(イメージ:第1章(43問)、第2章(38問)、・・・第5章(45問))

 

加えて、 テキスト参照ページ、つまり問題文と解説がMRテキストのどのページから出ているかが載っています。

(例:問31 MRテキスト P81、82参照)

 

これがけっこう便利です。

探したい箇所がすぐに見つかるので余計な手間が省けます。

(私はココが好きでした)

 

テキスト改訂

TACはテキストの改訂を反映せずに、古い問題でもそのまま載せています。

しかし、たとえば医薬概論は法規などが関係する科目です。

法律は毎年のように変わるので改訂を反映していないと答えが変わることがあります。

そのため、TACで医薬概論を勉強するときは注意が必要です。

 

一方、薬ゼミはテキスト改訂を反映し逐一アップデートしています。

 

解説

TACは一言で簡潔です。

 

薬ゼミは丁寧でボリュームがあります。

 

サイズ

TACはA5です。

つまりA4の半分のサイズです。少し厚みがあります。

 

薬ゼミはB5です。TACより一回り大きいです。

1冊あたりはTACより薄いですが、4冊全部もつと厚いですしそれなりに重いです。 

まとめ

手軽さ重視の方は、TAC問題集

安心重視の方は、薬ゼミ問題集

 

 

がいいと思います。

 

  

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.