読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MR認定試験対策.com

MR認定試験の受験者に向けた対策情報をまとめたブログです

MR認定試験の時間割について

MR認定試験の当日の時間割をまとめてみました。各科目の試験時間などは参考書にも記載されていますが、休憩時間なども把握することで当日のイメージができればと思います。

MR認定試験の当日の時間割と予定について

MR認定試験は1日間で行われます。3科目で朝〜夕方までの試験です。模試などで試験の流れを理解している方も多いと思いますが、改めて休憩時間などを確認してみてください。

f:id:makio1186:20160830110104j:plain

会場から着席時間まで30分ほどしかないため、当日は電車の遅延を考慮して行動した方が良さそうです。下記の記事で第23回の会場について書きましたが、基本的に会場は大学になります。

駅からも近い所が多く、簡単に下見をしておくことをおすすめします。

 途中退室はできるか?

途中退室は下記の通り可能のようです。しかし、問題冊子も提出しなくてはいけないため、自己採点をすることは厳しくなりそうです。

・試験開始45分後~試験終了10分前までの間は、途中退室は可です。
・一旦退室後は、その試験時限が終了するまで、再入室は原則不可です。
・途中退室の場合、答案用紙と問題冊子を試験監督員に提出すること。
・途中退室の場合には、問題冊子の返却はしません。
※2015年10月 教育研修管理者認定更新講習会より

 時間割や模試を活用して当日のルーティンを決めよう

試験当日で重要なことは、これまでの勉強の成果を出すこと。できるだけ普段と同じ状態で挑みたいですよね。そのためには本番の1日をイメージして、朝ご飯や昼食を決める、試験前に見る資料を作るなどすることが重要です。

また、集中した雰囲気の中で試すのであれば模擬試験で実践してみると、より効果的になると思います。ぜひ、この記事を活用して本番に備えてみてください。

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.